運転手必見!廃車と税金、催促につちえ

赤ちゃん07自動車の税金は多岐にわたります。また、その自動車を使用している間は当然としてもその後使用しなくなったとして廃車した場合にも、それ以降の税金は確かにかかりませんが、それまでで税金を滞納しているものがあれば、支払いの督促は続いていくことになります。
この督促されるものとして有名なのが自動車税です。車検をもう受けないし、自動車そのものが手元にないから払わなくてもいいということにはなりません。毎年4月1日現在の所有者に対して課税されるもので、途中で他人に渡したり抹消登録したりしても、課税がなくなるということはありません。そのため、支払わずに放置していると督促状であったり催促状のようなものが届いて、最悪の場合は銀行口座などを差し押さえられたりします。そうなる前に課税庁に対して早めに納付するように心がけることが重要になってきます。納期が過ぎている場合には、納付方法についてどうすればいいのか課税庁に対して確認するのもよいでしょう。手元に納付書があればその用紙がそのまま使用できる場合が多いのですが、延滞金がかかる場合には、納付後に改めて延滞金だけの納付書が送られてきますので、忘れずにそちらも払うことが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿