タイヤの点検

自動車はタイヤによって走り、止まる、曲がるという走行を行います。これはゴムでできていてグリップするようになっています。
タイヤはサイズがあり大きさや扁平率によって走行性能は変わってきます。基本的に幅が太いとグリップしやすくなりますが、燃費が落ちることにもなります。
素材であるゴムが柔らかければグリップしますがその分減りやすくなります。このようにサイズや柔らかさなどによって走行性能が変わります。
タイヤには空気がはいっています。これを空気圧といいその量によっても走行性能がかわってきます。空気圧が減ってくると燃費が悪くなってきます。
空気は自然と抜けてくるのため適切な空気圧であるか定期的に点検を行う必要があります。これはエアゲージなどで測定することができます。もしあるタイヤだけ異常に減っているような場合はパンクも考えられるのでチェックするといいです。
タイヤには溝がありますが、これは雨の日など排水性にも大きく関わってくるため雨の日のグリップに影響があります。
溝が減ってくるとスリップしやすくなり危険です。これは溝にスリップサインという使用限度を示す部分があります。スリップサインが出てくると残りの溝の深さが1.6ミリまで減っているということになり交換が必要です。海06

コメントは受け付けていません。

最近の投稿