タイヤのプラットフォームとは

スタッドレスタイヤにはプラットフォームと呼ばれるサインがあります。これはスタッドレスタイヤとしての寿命を示しており、新品時から50%の状態になっていることを教えてくれているのです。そしてプラットフォームが現れているようなら寿命が来ている状態ですので交換をした方が良いと言えます。
プラットフォームの確認方法ですが、タイヤの側面を見てみると矢印が90度間隔で4ヶ所あることに気付くはずです。そしてその矢印を辿っていくと、溝の中にボコッとした部分がありますが、それがプラットフォームです。もしボコッとした部分と溝が同じ高さになっている時は摩耗しているということですので、高さが同じになっているようなら交換が必要と考えましょう。
ただし、プラットフォームが出ている場合でも普通タイヤとして使用することは可能です。あくまでもスタッドレスタイヤとしての寿命が来ているサインにしか過ぎませんので、タイヤとしての寿命を示すスリップサインが出るまでは利用することもできるのです。しかしスタッドレスタイヤは雪道やアイスバーンを走る為のタイヤですので、通常の路面を走る性能はあまり高くありません。その為、もし普通タイヤとして使う際には運転には十分注意が必要です。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿