障がい者の税金言明措置とは?

赤ちゃん06心身に障がいを抱えている人にとって、車というのは生活のためになくてはならない手段となっています。そのため、それぞれの自治体では、例えばクラッチをレバー式にしたり、ペダルの高さを嵩上げして踏みやすくするなどの改造を車にほどこす場合の助成金制度を設けるほか、税金についても減免の制度を設けています。
自動車税や自動車取得税といった地方税については、主に都道府県税事務所などの窓口で申請を受け付けており、本人が運転する場合のほかにも、一定の条件を限って家族やその他生計を同一にしている人が障がい者のための通勤、通院に車を用いる場合について、税金減免措置を実施しています。
本人の障がいの程度、障がいが発生した身体的な部位、障がいの種類などによっても、こうした措置を受けられるかどうかが異なる場合が多く、制度的にはかなり複雑なものですが、いったんこの措置の決定を受けることができれば、税金の全額や半額といった金額が免除となりますので、かなり経済的な負担が軽くなるといえます。
本人が申請する場合には、身障者手帳と印鑑などがあれば可能ですが、生計同一者などの他人の場合については、住民票や通学証明書などの使用実態がわかる書類が必要とされることもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿