滑らないスタッドレスタイヤのメカニズム

雪道やアイスバーンをクルマを走る場合、ノーマルタイヤではスリップしてしまい走ることはできません。このような冬道を走るときは、特殊なゴムでできているスタッドレスタイヤが必要です。スパイクが出ているわけでもなく、遠くから眺めれば普通のゴムタイヤと同じように見えるのに、冬道でもちゃんと走ったり、曲がったり、止まったりすることができます。

なぜ、滑りやすい雪やアイスバーンでも普通に走ることができるのでしょうか。実はノーマルタイヤと比べてみると、様々な違いがあることがわかります。まずタイヤの溝が深く波打っていることです。この深い溝で雪を噛みます。二つ目に柔らかいことです。これは路面がデコボコでもピタッと密着する事ができるようになるためです。ちなみにゴムが固くなってしまうと溝が残っていたとしてもそのスタッドレスタイヤは寿命です。柔らかくて波打った溝があることがスタッドレスタイヤが滑らない秘密なのです。

また、さらにゴムの素材にも、滑らない仕組みがあります。たとえば寒冷地におけるスタッドレスの売り上げナンバー1を誇るブリジストンのタイヤの場合、ゴムの中に気泡を入れた発泡ゴムという特殊なゴムが使われていますが、その特徴は水を吸収して除去することで義リップ力を得ることができることです。また、クルミを混ぜてグリップ力を得ているスタッドレスタイヤもあります。惑星

コメントは受け付けていません。

最近の投稿