スタッドレスの保管と劣化のポイント

スタッドレスタイヤは保管方法に気を配ることによって寿命を延ばすことができます。
そこでまず実践したいのが使用後によく洗っておくことです。特に融雪剤が付着した状態で片付けてしまうとゴムの劣化を招きますし、ホイールのサビの原因にもなってしまいます。よって用が済んだら水で洗い流すなどしてから保管するようにした方が良いでしょう。また、洗浄する際には小石などの異物が挟まっていないかのチェックもした方が良いと言えます。溝に異物が挟まっていることも少なくありませんので確認してみましょう。
よく洗ってしっかりと乾燥させたら片付けますが、その際には直射日光が当たらない場所を選ぶことが大切です。室外に適当に置いておくと紫外線によってゴムが劣化してしまいます。スタッドレスタイヤはゴムが硬くなってしまうと性能が落ちてしまいますので、直射日光の当たらない場所に保管するように気を配ることが大切です。どうしても外に置いておく必要がある時には専用のカバーを掛けるようにした方が良いと言えます。
タイヤを保管する際には縦にするか横にするかで迷いがちですが、ホイールが付いている時には接地面の変形を防ぐ為に横にした方が良いとされており、タイヤのみの場合は下のタイヤの変形を防ぐ為に縦にした方が良いとされています。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿