スタッドレスタイヤの交換時期の目安

スタッドレスタイヤの交換時期の判断の仕方として、プラットホームをチェックする確認方法があります。プラットホームというのはタイヤの溝がどの程度残っているのかを示すサインのことです。タイヤをよく見てみると矢印が出ている部分がありますが、その先にプラットホームがあり、タイヤの溝がサインが示す深さになっている時には交換をした方が良いとされています。そして大体新品時の50%程度で寿命がきます。
溝が十分に残っていればスタッドレスタイヤとしての性能を発揮してくれるのですが、しかし別の要因によって寿命が訪れることもあります。それはゴムの弾力がなくなってしまっている時です。
性能を最大限発揮させる為にはゴムに弾力があることが大切なのですが、直射日光に当たる場所に保管しておいたなどの理由でゴムが硬くなってしまうことがあるのです。弾力がなくなってしまった時には溝が十分に残っている場合でも本来の性能を発揮しません。ですから弾力がない時にも交換が必要と考えておいた方が良いでしょう。
弾力の確認方法としては指で押してみることで簡単にチェックすることができます。硬くなったタイヤの場合はゴムのような弾力を感じられない質感となっていますので、新品と比較しながら確認してみるのが良いと言えます。彗星

コメントは受け付けていません。

最近の投稿