下島温泉のドライブお出かけ情報

岐阜県下呂市小坂町落合にある下島温泉の歴史は古く、約400年前から多くの人々に利用されています。昔から傷によく効く温泉として有名です。切り傷や火傷だけでなく、神経痛などに対する効能もあります。泉質は炭酸泉です。小坂川支流の濁河川に沿って温泉地が広がっており、素朴な風景がこの温泉の魅力の一つとなっています。この温泉は1983年に環境庁の告示によって、国民保養温泉地に指定されました。濁河川の上流約1キロメートルの地点には、高さ72メートル、幅120メートルの絶壁があります。この大岩壁は「巌立」と呼ばれ、岐阜県の天然記念物に指定されています。周辺地域は巌立峡と呼ばれていて、紅葉の名所として人気があり、飛騨・美濃紅葉三十三選にも選出されました。温泉からのハイキングコースにもなっており、森林浴を楽しむことができます。温泉周辺地域の渓谷は釣りのスポットになっていて、イワナやアマゴなどを釣ることができます。夏には下呂市を流れる門和佐川や菅田川でゲンジボタルの群れを見ることができます。門和佐川のゲンジボタルは、岐阜県の天然記念物に指定されており、7月上旬の20時から21時頃が最も綺麗なのでおすすめです。菅田川のゲンジボタルは、6月中旬頃の20時から22時頃が見頃です。宇宙02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿