先に賠償金を支払われた時ってどうなる?

}PgžxQ勤務中や通勤中の自動車事故は労働災害とされ、労働保険からの給付を受けることができますが、給付を受ける労働者の側が事故の被害者であった場合には、同時に加害者のほうからも自賠責保険や任意保険からの保険金が支払われることになりますので、重複を避けるため、双方を調整する仕組みが必要となります。
先に加害者から賠償金を支払われた時の具体的な対応についてですが、被害者が労災保険の給付を請求する際、「第三者行為災害届」、「念書兼同意書」という、本来の請求とは別の書類の提出をあわせて要求されます。
この「第三者行為災害届」には、加害者から受領した保険金などの金額を記載する欄がありますので、会社を経由して届出を受けた労働基準監督署では、前もって受領した金額がわかるようになっています。
また、「念書兼同意書」のほうは、加害者から金品を受けたときは必ずその内容や金額について連絡をすること、労災保険の請求に関連して必要があるときは保険会社に個人情報を提供して調整をする場合があることなどを同意する内容となっています。
このような手続きによって、労災保険の側では、加害者から前もって受領した金額にあたる部分を差し引きして、被害者に対する給付を行うことになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿