路面の衝撃を緩和し乗り心地を向上

自動車の車輪はサスペンション(懸架装置)を通して車体とつながっています。このサスペンションにはいくつかの種類がありますが、その目的は同じで主に二つあります。一つは車輪と車軸の位置を決める役割であり、もう一つは路面からの衝撃を吸収し、乗り心地や操縦安定性を高める役割です。サスペンションを構成しているのは、スプリングとショックアブソーバ、そしてこれらを支えるアームです。

スプリングとショックアブソーバはセットになっていて、路面の衝撃を吸収したり、カーブを曲がる際に左右に発生する遠心力を抑えたりするわけですが、それぞれに違った役割があります。スプリングは路面からの衝撃を和らげる働きがあるのは想像できることでしょう。しかし、スプリングは伸びたり縮んだりをしばらく繰り返すことになります。そうなると車体は上下の振動が起こり、乗り心地は最悪です。そこでこの上下振動を抑えるためにショックアブソーバーが取りつけられています。ショックアブソーバーはスプリングが吸収したエネルギーをゆっくり解放し振動を抑えます。サスペンションのセッティングはクルマによって大きく異なりますが、一般にスポーツカーは固めのセッティングを行い運動性能を高め、普通車は柔らかめのセッティングを行って乗り心地を優先させています。gf1120110828l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿