ラジエターの点検

ラジエーターは、エンジン内部を循環するクーラントを、走行風によって冷却する役割を果たし、停車中などは電動ファンによって冷却されるシステムとなっています。
点検は、エンジンが温まっている状態で行うと、クーラントが噴き出したしたり火傷の恐れなどの場合があり、適切なクーラントの量が把握できないので、エンジンが冷えている状態の時に行います。
方法は、クーラントが適切な量が入っているかの確認をリザーバータンク側面のゲージでチェックし、減っている場合は補充します。
次に、ラジエーター本体やホースの結合部などを見て、液漏れが無いかの確認を行い、液漏れがある場合は、白く変色していますので目視で確認でき、漏れ止め剤や補修テープなどで処置をした後、修理工場などでみてもらうようにします。
次に、コア部に虫や小石などが挟まり目詰りなどを起こしていなかの確認を行い、損傷が酷い場合は空気の通りが悪くなり、冷却性能が低下するので交換が必要になります。
また、クーラントが劣化すると、ラジエーター内部に錆が発生して本体の色が変色し、オーバーヒートした場合はラジエーターの寿命が著しく低下して、被膜が剥がれやすくなりますので注意が必要です。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿