マルチリンク式の特徴

マルチリンク式とは、サスペンションの一種です。ダブルウィッシュボーンから派生しています。ダブルウィッシュボーンは上下のサスペンションアーム2つで形成されていますが、マルチリンクはそれらを複数に分割し、独立させています。アームが独立したことで自由度が高くなり、セッティングはより繊細にすることが可能です。数本のアームで形成されるということは、それだけアライメントの変化に対応し、よりタイヤを路面に接地させることができるということです。高性能FF車は高速領域で安定を得ることが難しく、パワーの大きな後輪駆動車もトラクション確保が必須ですが、マルチリンクはそのための目的で、リアサスに用いられることが多く見られます。仮想転舵軸を持ち、それによって高速安定性を高められることになり、トー変化を抑制できます。またサスペンションストロークに対するアライメント変化のジオメトリー設定で、コーナリングの特性などが変化し、乗り易さも変わります。このジオメトリー変化を作り出すことに優位性があります。ただし部品の数が増え、重量も価格もダブルウィッシュボーンに比べて高くなるのがデメリットと言えばデメリットです。またブッシュの劣化が性能にダイレクトに影響を与えてしまいます。場所を取ってしまいますので、舵角の大きなフロントではアームが干渉してしまう可能性が高く、不向きです。

 

 

}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿