メカニズム調査|せん断効果について

国内でも北国になる寒冷地や積雪の多い場所などでは、冬期間に入ると自動車をタイヤをスタッドレスタイヤに交換することが行われています。以前はスパイクタイヤを用いて走行していた背景がありますが、粉じんによる被害が拡大したことによって、法規制でスタッドレスタイヤの装着が義務化されました。スタッドレスタイヤも現在では円熟期を迎えている状態でもあり、非常に高性能なモデルが登場しています。スタッドレスタイヤの能力に関しては、粘着力やせん断効果、エッジの状態などを挙げることができ、それぞれが重要な役割を果たしています。粘着力に関しては柔らかいゴムの状態を維持する能力によって、凍結路面でも一定のグリップ力を保つことができます。せん断効果に関しては、夏タイヤと比較をしたら分かりますが、一般的なタイヤよりも深い溝に設定されています。この方法で積雪路面では雪をせん断することに成功でき、グリップ力を維持できることになります。また、各ブロックに関してはサイプと呼ばれている細かい溝が設定されていて、圧雪路面であっても対応可能になります。一般的にはせん断効果が強く発揮されており、積雪道路などを走行させると、せん断効果によってタイヤのブロックパターンなどが雪に残る現象を見ることができます。木の実

コメントは受け付けていません。

最近の投稿