メカニズム調査|粘着効果

スタッドレスタイヤとはスノータイヤの一種で、雪道や凍結した道を走行するために開発されたタイヤです。雪道や凍結した道をノーマルタイヤで走行すると、タイヤのグリップが効きにくくなってしまうため、生死に関わる事故が起きてしまいかねません。そこで、グリップ力の高いスノータイヤに取り替え、重大な事故が発生しないようにするのです。以前までは、タイヤの表面に金属などで作られた滑り止めのピンを埋め込んだスパイクタイヤが主流でしたが、粉塵を撒き散らすなどの理由から廃止になり、代わりにピン(スタッド)のないスタッドレスタイヤが生み出されました。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて溝が深くなっており、この溝が路面の雪をしっかりと噛むことでグリップ力が高まる構造になっています。また、タイヤの素材として低い温度でも柔らかさを失わない特殊ゴムが使われており、冷たい路面でもピッタリと地面に密着するように工夫されています。この粘着効果によって更に滑りにくくなっているのです。雪の降らない地域でも、路面が凍結していれば簡単にスリップしてしまうため、凍結の可能性がある道を走行する場合は必ずスタッドレスタイヤに取り替えてから走るようにしましょう。雷

コメントは受け付けていません。

最近の投稿