メカニズム調査|エッジ効果について

凍結路が滑りやすい理由は、氷上の表面に水の膜ができるためです。このような状況で車を運転しようとすると、タイヤが空回りしてうまくいきません。しかし、スタッドレスタイヤであれば、氷上においてもグリップカを生み出すことができます。その理由が「エッジ効果」によるものなのです。

「エッジ効果」を理解するためには、まず、スタッドレスタイヤと通常のタイヤとの違いを知る必要があります。スタッドレスタイヤは、通常のタイヤよりも溝が深く、溝によって構成されているブロックには、さらに細かい溝が刻まれているという特徴があります。これを「サイプ」と言います。

スタッドレスタイヤで凍結路を走行すると、サイプの角(エッジ)は、まず氷上の表面に張られた水の膜を取り込み、スタッドレスタイヤが直接氷上と接することができるようにします。さらに、そのうえで氷上の細かい凹凸に引っかかることで、グリップカをも確保するのです。これらエッジの働きが、すなわち「エッジ効果」となります。

ただし、当然のことながら、長くスタッドレスタイヤを使用していると、サイプもエッジも摩耗してしまうため、「エッジ効果」もなくなっていきます。また、スタッドレスタイヤは「滑りにくくする」だけであって「滑らなくなる」タイヤではないため、やはり細心の注意をもって運転することが重要です。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿