休業特別支援金とは

子供02休業特別支援金とは、労災保険の休業補償給付または休業給付の支給の対象となる日について、これらの給付に上乗せされて支給される給付のことをいいます。
労働災害によって療養を目的とした休業が必要となり、その間会社から給料が支払われなくなってしまった労働者については、業務災害の場合は休業補償給付として、通勤災害の場合は休業給付として、いずれも休業4日目以降、休業1日について給付基礎日額の60パーセントに相当する額が支給されます。この給付基礎日額というのは、より簡単に言えば平均賃金のことを指しています。
したがって、同じ自動車事故であっても、私用ではなく、通勤途中や仕事の最中に発生した事故であれば、労災保険に申請することで、休業中の給料の一定割合相当が支給されることになりますが、こうした休業補償給付または休業給付とよばれるものは、相手がある自動車事故で被害者の立場となった場合には、相手の加入している自動車保険などから休業損害補償金が保険金として支払われるのが通常のため、二重取りを防止するために例外的に支給されないことになっています。
しかしながら、特別支援金のほうは相手による賠償の有無とは関係なく、申請すれば支払いが行われる制度となっていますので、相手から補償が受けられる場合にも忘れずに申請することが必要です。この特別支援金の額は、休業4日目以降、休業1日につき給付基礎日額の20パーセント相当となっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿