固定車軸方式の特徴

サスペンションとは、自動車のボディとタイヤの間に取り付けられるもので、路面から衝撃を緩和させるための装置となります。
サスペンションが役割を果たすことによって、走行の性能を向上させることが可能になりますし、車高を決める上でも重要です。
一般的にサスペンションは、スプリング、ショックアブソーバー、サスペンションアームの3つのパーツによって構成されており、車によって様々な種類のものが採用されています。
固定車軸方式サスペンションは、リジットアクスルサルペンションとも呼ばれることがあります。
この方式のものは左右のタイヤと1本で連結されているもので、FF車やトラックなどに採用されることが多いです。
構造が単純でありながら耐久性が高いために、コストがかからない点が大きなメリットと言えます。
その一方で、両方のタイヤとたった1本の軸だけで連結されているものとなりますので、どちらか片方のタイヤが受けた衝撃が反対側のタイヤにも大きく影響することが考えられ、路面の追従性や乗り心地の面において悪いという点が大きなデメリットとなります。
この方式のものは、さらに細かく分類するとリンク式やトーションビーム、コイルリジット式、リーフリジット式などに分類することができます。006241

コメントは受け付けていません。

最近の投稿