減ってる?溝のチェックポイント

タイヤの使用限界を判断する為にもスリップサインをチェックしてみることが大切です。このサインはタイヤの矢印が付いている先に存在する残り溝のチェックポイントなのですが、スリップサインと周囲のゴムが同じ高さになっている時には交換が必要です。そして普通車のタイヤの場合は1.6mmでゴムが平坦な状態になる為、平らになっている時には1.6mmの状態であるというです。
そもそもなぜ残り溝がないと危険なのかと言えば、排水をすることができなくなるからです。溝は雨などの液体を排水する役割があるのですが、溝がないと液体を逃がすことができず、ブレーキを踏んだ時にも制動距離が長くなってしまって大変危険なのです。
スリップサインはノーマルタイヤだけでなく、スタッドレスタイヤにも存在するのですが、スタッドレスの場合ですと他にもプラットホームと呼ばれるサインもあります。プラットホームはスタッドレスとしての性能が十分にあるかどうかを確認する為のものであり、新品時の50%程度の状態になると現れます。プラットホームが露出した時にはスタッドレスタイヤを交換した方が良いとされていますが、ただスリップサインが出るまではノーマルタイヤとして使用することもできます。木

コメントは受け付けていません。

最近の投稿