春の交換時期、保管前のポイント

春になったらスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換しますが、保管する際に気を配りたいポイントがあります。
基本として汚れや水気を取ることです。汚れている状態ですとタイヤのゴムはもちろん、ホイールを傷めてしまうことにもなり兼ねません。また、次にタイヤ交換をする時に気持ち良く使用する為にも綺麗にしてから保管するようにしましょう。
空気圧を下げてから保管するのもポイントです。タイヤは車重に耐えられるように設計されていますので、タイヤの中にもかなりの内圧が掛かっている状態です。その状態で保管しておくと負担が掛かり続けて劣化を早めたりヒビが発生し易くなりますので、ある程度は空気を抜いてから保管するようにした方が寿命を延ばすことができるのです。
適切に保管する為にも場所にも気を配るようにした方が良いのですが、基本的には直射日光が当たらず、風通しの良いところに保管しておきましょう。直射日光や湿気に常に晒されている状態はゴムにもホイールにも負担になってしまいます。その為、室外に置いておく時には注意が必要です。できればガレージの中などが良いのですが、もし置き場所がない時にはタイヤカバーを使って保護するのも良いでしょう。牧草地02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿