エンジンオイル:点検・交換

エンジンにはエンジンオイルが入っています。これはエンジン内部の摩擦を軽減する、冷却する、汚れをとるという目的があります。
エンジンはシリンダー内にピストンがあり爆発により上下運動を繰り返して回転します。この時シリンダーとピストンが摩擦することになりますが、エンジンオイルによってその隙間を密着させ摩擦を軽減しているのです。
またエンジンは爆発することで熱が発生することになり、常に動いて摩擦していることでとても高温になります。エンジンオイルはエンジン内部に発生した熱を吸収して冷却して加熱しないようにしています。
エンジンの内部は鉄が擦れて金属のカスなども発生して汚れます。また吸気する空気やガソリンといった燃料にも汚れがあります。このような汚れをオイルが取り除いて洗浄しています。
オイルは汚れや熱による劣化のため交換を行う必要があります。そのまま使い続けると燃費が悪くなってきたり、エンジンのパワーがなくなってきたり、エンジン音が大きくなってきたりします。
そのためエンジンオイルの残量や汚れの状況をエンジン内部のオイルゲージで確認を行い交換する必要があります。
一般的には3000キロから5000キロ走行か3ヶ月から6ヶ月程度に1回交換するといいです。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。

最近の投稿