エンジンの比較まとめ

子供11エンジンの種類には、ガソリンを利用したもの、軽油を利用したもの、電気モーターのみのものや電気モーターと化石燃料を利用した動力源を併用したものがあります。最近注目されている燃料電池(水素自動車)は電気モーターを利用した自動車です。
ガソリン車の特徴は、ディーゼル車に比べると、走行時の回転数が高く、低速時のトルクが弱めで、騒音が少なく、燃費は若干悪くなります。それに比べて、ディーゼル車は内燃機の違いにより、排気ガスに微粒子が多く含まれるため、黒煙が出やすく、環境負荷が高いと言われています。また、ハイブリッド車とは、電気モーターと化石燃料を利用したものとタックを組み燃費を向上したものです。
電気エネルギーは直接蓄えることが難しく、大容量で提供することが今まで難しかっため電気のみの自動車はあまり普及しませんでした。そこで注目されているのが、動力源として水素を燃料とした電気自動車です。この特徴は、酸素と水素が結合する時に発生される電気エネルギーでモーターを回すものです。また、低温地では、結合方法を制御して熱を発生し、排出される水が凍らないように設計され、商品化にいたっています。現在は化石燃料からの改質を用いて水素を製造した方が単価が安いため、将来的には、水から水素を取り出す方法がより少ないエネルギーで可能になれば、よりエコロジーな動力源として利用できるのでないかと言われています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿