‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

エコカー補助金がお得な理由とは

2016/05/12

赤ちゃん12エコカー補助金とは、一定の基準に達している環境性能、燃費性能を持っている車両を購入した場合に国費から補助金が交付されるという仕組みのことを言います。国の政策として時折導入されるこの制度は燃費の良い新しい仕組みの自動車の購入意欲の促進を目的としており、社会全体の自動車の燃費改善を目的として実施されているものであると言えます。
最も最近行われた補助金制度においては一般の登録車の場合には10万円、軽自動車の場合には7万円が交付される仕組みで運用されていました。国の予算がある事業ですので先着順で交付され、予算の許す歯にないで交付されてきました。一般的にはハイブリッドカー、電気自動車、プラグインハイブリッド、天然ガス自動車、燃料電池車、クリーンディーゼル車などが対象にされてきました。これらの条件を満たしている自動車の普及を後押しすることで環境保全につなげていこうとするのが国の施策であり、補助金に合わせて新車の導入を行うことで安く環境性能のよい車を導入することが出来たのがこの制度の最大のメリットであったと言えるでしょう。この様な制度は過去に何度か行われており、今後も行われる可能性が少なからず存在しています。

グリーン減税の条件と基本知識

2016/05/12

赤ちゃん11グリーン減税とはグリーン投資減税のことで太陽光発電システムや風力発電システムといった再生可能エネルギーなどの設備の設置においてそのかかる初期導入費用をある程度軽くしようとすることでこれらのシステムの導入を促進するための制度のことです。
この減税を受けることができる対象者には条件があり、青色申告をしている個人または法人で再生可能エネルギーシステムを製作、取得、建設した日から1年以内に国内で事業の用に供した場合に適用されます。対象となる設備はグリーン投資減税対象設備一覧にて確認することができます。
償却の方法ですが、主に三つあり、一つ目は普通償却に加えて、基準取得価額(計算基礎となる価額)の30%相当額を限度として償却できる特別償却。二つ目は中小企業者等のみが対象となる、基準取得価額の7%相当額の税額控除(供用年度の所得に対する法人税額の20%相当額が限度)。三つ目は一定の期間内に取得等して、取得価額の全額(100%)を償却する即時償却。の中から好きな方法にて償却することができます。
どの方法が企業にとってメリットが高いかは、その会社の経営戦略や決算などによって大きく変動するため、どの方法で償却するかは各企業の状態によって異なります。

環境税と地球温暖化の関わり方

2016/05/12

赤ちゃん10近年、異常気象や自然界への深刻なダメージの原因とされている、地球温暖化への懸念が強まりつつあります。その進行を防ぐ目的で、日本でも2012年10月1日から地球温暖化対策のための税として、環境税が施行されました。これは石油やガスや石炭などすべての燃料に対して、二酸化炭素の排出量1トン当たりの税金が289円になるように設定されています。また急激に家計への負担が増えないよう、3段階に分けて引き上げられます。
この税金は燃料に対してかけられるものですから、自動車を保有している人に、実際にはガソリン代の値上げという形で関わってきます。具体的な金額で見てみると、2012年10月からは1リットル当たり0.25円、2014年4月からは0.5円で、最終的には2016年4月に0.76円の負担となります。ガソリン1リットルにかかる0.76円を、一般的な家庭での一年間のガソリン使用量で換算してみると約350円ほどになります。
ガソリンの使用量が減少すれば、二酸化炭素の排出量も税金も削減できますので、エコドライブを心がけるのは大切です。例えばアイドリングを1日5分減らすなら、年間約39kgの二酸化炭素の排出量の削減が可能になります。

税金とと地球環境の関係性まとめ

2016/05/12

赤ちゃん09自動車に乗っていると、それだけでも二酸化炭素が排出されるために環境には良くないと言われていました。けれども生活をしていく上で、自動車を利用しなくてはいけない人たちもたくさんいます。昔に比べれば二酸化炭素の排出量は減ってきていますが、それでもなるべく地球環境にも優しい自動車の開発が進められています。自動車も利用している以上は税金を納めることになりますが、低公害車であれば環境に優しいということで性能に応じて税率を軽減されるようになっています。その逆に、新車登録をしてから一定期間経った車については、税率が上がるというようになっています。いろんなところでお金を支払わなくてはいけないと思うと気が重くなるかもしれませんが、一度自分の車の状態を見直したり、日々の運転を見直すいいきっかけにもなるでしょう。地球環境に対して、自分たち一人一人が出来ることは微々たることかもしれません。けれどもみんなが行えば、その分だけ効果は上がってくるのです。今後も様々なシーンで環境について考えさせられることになるでしょうから、運転自体もアクセルはふんわりと軽く踏んだりするなど、エコドライブを実践するようにすればそれだけでも随分と地球に優しい自動車の利用が出来るようになっていきます。

自動車税を延滞してしまったときの対処法

2016/05/12

赤ちゃん08自動車税を納期に間に合わずに滞納してしまった場合、もしコンビニなどでの支払いが認められている都道府県では、場合によってはコンビニでの支払いができなくなる可能性があります。この場合、都道府県税事務所などの窓口での支払いとなりますので、自宅の近所での支払いと違って手間がかかります。期限を相当長期にわたって経過すると、まずは税金の督促状が自宅に郵送されててきます。この時点で支払いをすれば、通常の場合と同様に、延滞金加算が発生しない場合が多いため、すみやかに支払いを済ませることが大切です。こうした督促状が何度も届くようであれば、延滞金が加算されている可能性がありますが、それを含めて支払いができれば納付済証も取得できますので、車検の際の添付書類も問題がありません。何度かの督促状を送付されてもなお支払いをしないようであると、次には差押えの予告通知が届きます。この時点ではすでに給料の振込先などの銀行預金口座まで都道府県庁に把握されている可能性が高く、放置すれば本当に差押えが実行されてしまうことにもなりかねません。通知を送付してきた都道府県税事務所の窓口に出向いて、特別な事情があるのであればそのことを説明し、困難ではありますが減免や支払いの猶予について相談するのが適当です。最終的には差押えが実行され、銀行口座などから税金と延滞金にあたる金額が差し引かれてしまいます。

運転手必見!廃車と税金、催促につちえ

2016/05/12

赤ちゃん07自動車の税金は多岐にわたります。また、その自動車を使用している間は当然としてもその後使用しなくなったとして廃車した場合にも、それ以降の税金は確かにかかりませんが、それまでで税金を滞納しているものがあれば、支払いの督促は続いていくことになります。
この督促されるものとして有名なのが自動車税です。車検をもう受けないし、自動車そのものが手元にないから払わなくてもいいということにはなりません。毎年4月1日現在の所有者に対して課税されるもので、途中で他人に渡したり抹消登録したりしても、課税がなくなるということはありません。そのため、支払わずに放置していると督促状であったり催促状のようなものが届いて、最悪の場合は銀行口座などを差し押さえられたりします。そうなる前に課税庁に対して早めに納付するように心がけることが重要になってきます。納期が過ぎている場合には、納付方法についてどうすればいいのか課税庁に対して確認するのもよいでしょう。手元に納付書があればその用紙がそのまま使用できる場合が多いのですが、延滞金がかかる場合には、納付後に改めて延滞金だけの納付書が送られてきますので、忘れずにそちらも払うことが大切です。

障がい者の税金言明措置とは?

2016/05/12

赤ちゃん06心身に障がいを抱えている人にとって、車というのは生活のためになくてはならない手段となっています。そのため、それぞれの自治体では、例えばクラッチをレバー式にしたり、ペダルの高さを嵩上げして踏みやすくするなどの改造を車にほどこす場合の助成金制度を設けるほか、税金についても減免の制度を設けています。
自動車税や自動車取得税といった地方税については、主に都道府県税事務所などの窓口で申請を受け付けており、本人が運転する場合のほかにも、一定の条件を限って家族やその他生計を同一にしている人が障がい者のための通勤、通院に車を用いる場合について、税金減免措置を実施しています。
本人の障がいの程度、障がいが発生した身体的な部位、障がいの種類などによっても、こうした措置を受けられるかどうかが異なる場合が多く、制度的にはかなり複雑なものですが、いったんこの措置の決定を受けることができれば、税金の全額や半額といった金額が免除となりますので、かなり経済的な負担が軽くなるといえます。
本人が申請する場合には、身障者手帳と印鑑などがあれば可能ですが、生計同一者などの他人の場合については、住民票や通学証明書などの使用実態がわかる書類が必要とされることもあります。

自動車重量税と自動車税、違いと種類

2016/05/12

赤ちゃん05自動車に関する税金はいろいろあります。元々は戦時中に戦費を賄うために課税が始まった背景がありますので、当時は自動車が高級品だったこともあり、重税感があります。自動車税に関して言えば、日本は諸外国にくらべて圧倒的に高く、ドイツの2倍以上、フランスの6倍、アメリカと比べると14倍もの納税金額になっています。他にも自動車に関する税金はいくつかありますし、当然消費税もかかってきます。地方に行けば行くほど自動車は必需品で、生活に無くてはならない物ですが、課税に関して言えばぜいたく品との考え方が強く残っています。自動車に関する税金の違いと種類は名称が似ていますので少し分かりにくくなっています。自動車取得税は購入する時に支払う地方税です。自動車の重さによって課税される国税が自動車重量税です。新車購入時には3年分を支払い、その後は車検ごとに2年分を支払います。この税金は基本的に道路関係の予算に使われます。自動車を持っていることに対して課税される地方税が自動車税です。毎年4月1日の所有者に対して、5月ころ課税されます。4月1日から課税されるまでに、売却するなどして自動車を所有しなくなっても、税金の支払い義務は残ります。

 

国税、都道府県税、市町村税、消費税……基本税制まとめ

2016/05/12

赤ちゃん04税金にはいろいろな種類がありますが、どのような税金なのかによって区分することができます。道路の維持費にのみ使うなどの、特定の目的を達成するために課税される税金を目的税、それ以外を普通税と分けることができます。税金を納める義務がある人と、負担する人が同じ税金を直接税、納税義務者と負担者が違う税金を、間接税と区別できます。前者の代表的な税金は法人税や所得税です。後者の例としては酒税や消費税があります。納付先の違いによって区別することもできます。国が課税する税金を国税と呼び、代表的なものとしては、自動車重量税があります。都道府県が課税する税金は都道府県税で、その代表としては、自動車税と自動車取得税があります。市町村が課税する税金は市町村税で、軽自動車税と自動車取得税が市町村税です。自動車に関する税金は多く、その金額もかなり高額ですので、重税感はありますが、道路の補修などには必要な税金です。自動車税だけは、実際に道路を使用しなくても、自動車を保有しているだけで課税されますので、本来の趣旨と違うと言えば違います。環境にやさしい車種ですと、減税の措置もありますので、販売店で確認するといいでしょう。

車の税金と国の目的まとめ

2016/05/12

赤ちゃん03現在、車には9種類もの税金がかかっています。まず車を購入した時点で自動車取得税と消費税がかかります。そして所有している間は自動車重量税と自動車税あるいは軽自動車税がかかり、そしてガソリン購入時にはガソリン税と消費税がかかります。
そもそも車になぜ税がかかるようになったかというと、国が道路を整備するための財源を確保しようという明確な目的があったからなのです。ですから導入時は単純なシステムで、ガソリン税、石油ガス税、自動車取得税、軽油引取税などの税は全て道路を作る財源として使われていました。しかし、平成21年から制度が変わって一般財源として扱われるようになりました。そのことにより、複雑化するようになり、問題が生じるようになってしまいました。それはどういうことかというと、二重課税の問題です。例えば車を買った時やガソリンを入れた時に、自動車取得税やガソリン税を払うと同時に消費税を支払っていたり、自動車重量税と同時に自動車税を支払っているということです。そのため以前と比べると、大変高額な金額を国に納めていることになります。この金額は欧米諸国と比べても格段に高いもので、このことが日本の自動車産業の低下を招いているのではないかということも言われています。

最近の投稿