バッテリーの点検

車に搭載されているバッテリーとは充電が可能な電池のことであり、このバッテリーの中で充電された電力を使うことで車の中にある、エアコンやカーオーディオ、ランプ、ウィンカーなどを動かすことができます。このバッテリーがいつ、どのようにして、充電をして電気を蓄えているかというと車が動いているときに、勝手に電力が蓄えられます。このバッテリーが動かない場合は車にエンジンを点火することができないので、車自体を動かすことができなくなってしまいます。なので、車の中ではエンジンと相互関係にあるものといえます。主に車のバッテリーに使用されている電池は繰り返し使用することが可能にするために鉛蓄電池が使用されています。鉛蓄電池の原理は電池の中に入っている鉛と電解液である希硫酸を用いて化学反応を起こして、電池の中のイオンを移動させることで発電を行います。そのため、中の電解液がなくならない限り半永久的に使用することができます。中の電池がなくなると、車でなにもできなくなります。また、電池の中の電解液も消耗品であるため、もしもの非常時に備えて定期的に点検を行って、危ない状態であればすぐに電池を交換することが必要になります。海04

コメントは受け付けていません。

最近の投稿