後で賠償金を支払われた時ってどうなる?

}PgžxQ交通事故の被害に遭った場合であって、その事故が会社に通勤する経路の途中で発生したものであったり、あるいは仕事で会社の公用車を運転している途中で発生したものであったりしたときには、労働災害に該当するため、労災保険から休業補償給付や休業給付などの必要な補償が行われます。
自損事故のようなものではなく、相手がある事故の場合には「第三者行為災害」と呼ばれますが、普通であれば相手も任意の自動車保険や自賠責保険に加入しているため、相手の保険からも賠償金が支払われることになります。このような場合には補償が重複してしまい不公平なため、原則として相手からの補償を待って労災保険の請求を行い、相手からの補償にあたる金額を控除したものが被害者である労働者に対して支払われます。
しかしながら、手続きの関係から労災保険の請求が先行して、相手からの補償が後から行われる場合も当然想定されます。このような場合には、労災保険を運営している国が、被害者である労働者から損害賠償を請求する権利を取得して、必要な金額を後日加害者である相手に請求することになります。この制度は「求償」と呼ばれており、いずれにしても補償が重複するということはありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿