‘2016/04’ カテゴリーのアーカイブ

レシプロエンジンが魅力的な理由

2016/04/12

赤ちゃん02レシプロエンジンは、別名「ピストンエンジン」「ピストン機関」ともいわれる最もポピュラーなエンジンタイプです。
シリンダー内部でピストンを往復させることによって回転動力に変えるというシンプルな構造上、エンジン周辺部品への負担が少なく、力強い加速から高回転状態を長時間キープすることが可能です。
ハードな環境下で一定以上のパフォーマンスを発揮できるため、サーキットなどのスポーツ走行に適したエンジンとして需要が多いほか、自動車、バイク、船舶といった乗り物への搭載はもちろん、その用途は発電機、ポンプなどの定置動力にまで及びます。
1675年にオランダの科学者クリスティアーン・ホイヘンスが発明して以降、現在に至るまで主力熱機関のポジションを維持している理由は、実用性の高さとすぐれた燃費性能にあります。
なかでも最大のメリットは、製造原価が安価なことから販売価格を抑えることができ、燃費が良いため、維持費の総額が安くあがる点です。
このタイプのエンジンは主に2ストロークと4ストロークの2種類に類別できますが、年々厳しくなる排ガス規制を受けて、自動車、バイクともに4ストロークが主流となっています。
走行中、アイドリング時の排気ガスの排出抑制に大変優れている上に実用性が高いとあって、現代の排ガス基準を満たすだけでなく、世界的なエコ志向にも適したエンジンといえます。

ロータリーエンジンの基礎知識

2016/04/12

–¼Ì–¢Ý’è-2

ロータリーエンジンとはピストンの代わりにローターを用い、回転動力を出力するオットーサイクルエンジンです。
熱機関としての動作は一般的なレシプロエンジンと同等です。
このエンジンはヴァンケルエンジンと言い、ロータリーという名前はマツダによって命名されました。
仕組みは真ん中がくびれた長円形の独特の形状をしたシリンダーの中にある三角形のローターが回転し、混合気の吸気、圧縮、燃焼、排気の工程を一回の回転で行います。
ローターにはエキセントリックシャフトという芯のずれた軸が取り付けられており回転運動を動力に伝えています。
特殊なエンジンのためカムシャフトやバルブがなく、全体的に部品数が少なく軽量でコンパクトでローターの回転力を出力軸に効率的に伝えることができるためハイパワーでスポーツカーに向いていると言えます。
ピストンのような上下運動ではなく回転運動のため低騒音、低振動です。
しかし、圧縮比が低く、燃焼室の面積が大きいため熱エネルギーが放出されてしまい運動エネルギーに変換しづらい構造のため街乗りなどの低回転域での走行の燃費が悪いという短所があります。
そのため研究をしているのが現在はマツダ1社のみとなっています。

 

 

 

ハイブリッドエンジンのメリットとは

2016/04/12

子供13現在ではハイブリッドエンジンを搭載した車が非常に人気ですが、どのようなメリットがあるのかご存知でしょうか。
一番のメリットはやはり燃費が良い事です。エンジンにプラスしてモーターも搭載しているのがハイブリッドカーの特徴ですが、モーターを併用する事によってガソリンの消費を抑える事が可能なのです。さらにはモーターのみで走行している時はガソリンを一滴も消耗せずに走らせる事ができますので、電気自動車のように利用できる一面もあります。
音が静かなのもメリットです。例えばエンジンを掛ける時にはモーターが作動しますので、通常の車のようにエンジンを掛ける時に大きな音がする事がありません。非常に静かにエンジンが掛かりますので、深夜などに外出する時も安心かもしれません。
走行している時にも静かさを感じられます。特にモーターで走行している時はエンジン音が聞こえませんので車内も静かです。会話や音楽も楽しみ易く、快適性のある空間であると言えます。
高く売れる可能性があるのもメリットの一つです。ハイブリッドカーは需要がありますので、中古市場でも人気がある存在とされています。売却する時にも高価買取をされる事もありますので、買い換えをする時の資金作りにも有効です。

ディーゼルエンジンがオススメな理由

2016/04/12

子供12ディーゼルエンジンは自動車の中でも特に歴史が長いエンジンです。
軽油を燃料として利用することで稼働するこのエンジンは、日本国内でもトラックなどの工業用車両のほか、かつての普通自動車でも広く利用されていました。
現在だとガソリンエンジンが主となってしまっていますが、しかしディーゼルはディーゼルだからこそのメリットが数多くあるのです。
特に大きなポイントといして言えるのが、その圧倒的なパワーです。
これまではガソリンエンジンよりもパワーが弱い、加速が弱いというように言われていましたが、現在ではガソリンエンジン以上、特に同価格帯のガソリンエンジンと比べればそれよりも頭一つ抜けたパワーを有しています。
加えてメリットとなるのが、そのランニングコストの安さです。
状況にもよりますが、ガソリンと軽油を比べると15~25円ほど軽油の方が安くなっていますから、それだけでも月々にかかるガソリン代が安くなります。
月50リッターしか使わない人の場合でも15円の差額で750円の差になり、1年続けば9000円の差になります。
環境への負荷が大きいということからこれまで敬遠されてきましたが、最新技術ではガソリンエンジンよりも環境負荷が小さいものが作られるようになりました。
まだ普及していないこともあって価格は割高ですが、それでもディーゼルがおススメされる理由は数多くあるのです。

エンジンの比較まとめ

2016/04/12

子供11エンジンの種類には、ガソリンを利用したもの、軽油を利用したもの、電気モーターのみのものや電気モーターと化石燃料を利用した動力源を併用したものがあります。最近注目されている燃料電池(水素自動車)は電気モーターを利用した自動車です。
ガソリン車の特徴は、ディーゼル車に比べると、走行時の回転数が高く、低速時のトルクが弱めで、騒音が少なく、燃費は若干悪くなります。それに比べて、ディーゼル車は内燃機の違いにより、排気ガスに微粒子が多く含まれるため、黒煙が出やすく、環境負荷が高いと言われています。また、ハイブリッド車とは、電気モーターと化石燃料を利用したものとタックを組み燃費を向上したものです。
電気エネルギーは直接蓄えることが難しく、大容量で提供することが今まで難しかっため電気のみの自動車はあまり普及しませんでした。そこで注目されているのが、動力源として水素を燃料とした電気自動車です。この特徴は、酸素と水素が結合する時に発生される電気エネルギーでモーターを回すものです。また、低温地では、結合方法を制御して熱を発生し、排出される水が凍らないように設計され、商品化にいたっています。現在は化石燃料からの改質を用いて水素を製造した方が単価が安いため、将来的には、水から水素を取り出す方法がより少ないエネルギーで可能になれば、よりエコロジーな動力源として利用できるのでないかと言われています。

燃料比較!ガソリン、軽油、オクタン値

2016/04/12

子供10ガソリンを入れる際にハイオクとレギュラーという表記があります。現在では軽油もハイオク表示されている場合もあります。このハイオクとレギュラーの違いはオクタン値と呼ばえる数値の違いです。ハイオクは95位上、レギュラーは90位上を示すことが多いようです。この数値はJISで決められていますが、日本だけの基準であり、他国では表記は一緒でも値が違ってきます。例えばヨーロッパではレギュラーで95位上の値があります。そのため、日本でヨーロッパ車を購入した場合は現地でレギュラーを入れても良いと言っても日本ではハイオク指定となります。また、アメリカの場合はさらに数値がことなっており、ハイオクでも日本やヨーロッパよりも値が低いこともあり、地域によってかなり異なるので注意が必要です。以前は車を販売しいている地域でディーラーなどが説明をする事が多かったですが、現在では値を車側でチェックして自動的にエンジンの出力を調整する車が増えています。ただし、ハイオク指定の車にレギュラーが入ると著しくエンジン出力を落とすことがありますので注意が必要です。また、どうしてもハイオクが手に入らない場合にはレギュラーを3分の1まで入れられるという車もありますが、あくまでも指定の値の燃料を入れることが大事です

エンジン構造どこまで知ってる?DOHC、SOHC、OHV、SV

2016/04/12

子供09自動車のエンジンには多数の種類があります。
その中でもカムシャフトに注目しても種類があります。
大きく分けると3つの形式があります。
最初に、DOHCと呼ばれるダブル・オーバーヘッド・カムシャフトです。
これは、吸気バルブと排気バルブをそれぞれ別々のカムシャフトが制御しているものです。
2本のカムシャフトがあることがら、ダブルと言う言葉が入っています。
吸気、排気のタイミングをそれぞれ独立して制御できるため、エンジン出力や燃費に関して有利になります。
しかし、構造が複雑なことから他の形式に比べると高額になります。
次に。SOHCと呼ばれるシングル・オーバーヘッド・カムシャフトです。
これは、吸気バルブと排気バルブの開閉を一本のカムシャフトで制御しているエンジン形式です。
構造もシンプルで、パーツ点数も少ないことから他の構造に比べて安価になってきます。
また、整備性が良いことも利点です。
しかし、複雑な吸排気タイミングの制御が出来ないため、それぞれの回転数に見合ったベストなエンジン出力が取れないことがあります。
最後にOHVと呼ばれる方式で、オーバー・ヘッド・バルブの事を指します。
これは現在あまり採用されない形式になっています。

縦置き直列、横置き直列、V型、水平方向……知っておきたい車の知識

2016/04/12

}PgžxQ

自動車のエンジンのレイアウトには、縦置き直列、横置き直列、V型、水平対向などと呼ばれる形の違いがあります。エンジンの心臓部にあたるピストンのレイアウトを指しますが、横置き直列というのは、自動車の進行方向に対して横に置かれていてしかも一列に並んでいる状態のエンジンのレイアウトを指します。ピストンは上下に動きますからエンジンルームには高さが必要になります。V型は、V字に配置されている形から名づけられ、ピストンを支えるシャフトを同一にして一番目のピストンが左に30度傾いていたら二番目のピストンは右に30度傾いています。V8と言う場合は、ピストンが8個あり1.3.5.7番のピストンは同じ側に傾いており、2.4.6.8番のピストンは逆側に側に傾いています。水平対向は、二つのピストンが180度に配置されています。この場合ピストンは上下ではなく左右に動きますから直列よりもエンジンルームの高さを抑えることができます。このエンジンの形による違いや特徴は、自動車の外観のデザインとも関係しており、スポーツカーなどの車高を下げたい外観にする時に水平対向を採用する事があります。車体の振動については、ボディのねじれに繋がる水平対向が特徴的です。排気音は、マニアの間ではV8に根強い人気があります。重低音の迫力ある音は、いつの時代にもファンが多いエンジンのレイアウトです。

 

車のエンジンがかからないときの対処法

2016/04/12

}PgžxQ

さて出かけようと、車のキーをひねってもエンジンがかからない。
急いでいる時は焦ってしまって、何をすれば良いのかわからなくなってしまいます。
そんなときには、まず深呼吸をして落ち着いてください。
次に、どこまで動いているのか確認します。
キュルキュルとセルは動いていますか?
ランプ類はついていますか?

セルが動いている気配のないときは、シフトレバーがパーキングに入っているかを確認して下さい。
最近の車には、ブレーキを踏んでいないとセルが回らない車種もあるのでそちらもチェックしてください。

キュルキュルと弱々しくセルが回るときには、バッテリーが弱っていそうです。
昨日までは元気だった場合には、気温が低すぎるだけの場合があります。
そんな時には、ほんの数だけ分パッテリーを酷使してやると温度が上がって復活することがありますので試してみてください。
数分間セルを回したりライトをつけたりしたあと消して、さらに数分待ってからキーをひねります。

それでもダメなときには、プロに頼むことも考えてみてください。
JAFなどのロードサービスに入っていなくても、任意保険やカード類に無料ロードサービスが付属しているかもしれません。
普段から、どんなサービスが利用できるか確認しておクことをおすすめします。

どうにか動き出したら早めにディーラーやガソリンスタンドなどに相談して、同じことが起きないように対処しておいてください。

エンジンを正しく理解しよう

2016/04/12

}PgžxQ現在ほとんどの車で採用されているのは4ストロークエンジンです。基本なしくみとして、吸気→圧縮→爆発→排気の1サイクルから成り立っています。
シリンダーの中のピストンが上下に往復運動することにより、ひとつひとつの行程が作動するようになっています。このピストンが4ストローク(上、下、上、下)で1サイクルすることから、この名称が付けられています。

ピストンが下がると吸気バルブが開くようになっていて、キャブレターでガソリンを混合気という霧状にしたものが燃焼室へ吸い込まれるようになっています。(吸気)
そしてピストンが上がると、燃焼室のバルブは閉ざされ、吸い込まれた混合気が圧縮されます。(圧縮)
そこへ点火プラグの火花が散ることで、着火した混合気は爆発をします。このときのシリンダーの内部は2000度にもなり、この爆発のエネルギーでピストンは勢いよく下がります。(爆発)
さらにピストンが下につき、上がっていく過程で排気バルブが開き、ガソリンの燃えカスはバルブを通りマフラーへと排出させています。(排気)
この1サイクルは、アイドリング中でも1分間に数百回、走行状態のマックスでは1分間に数千回と繰り返されています。

最近の投稿