‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

ドライブを楽しむ!長良川温泉でぶらり途中下車

2016/01/07

国内各地にはさまざまな出で湯があり、とくに冬場の寒い時期に訪れると身も心も温まります。岐阜県の温泉街といえば、下呂温泉や平湯温泉がよく知られていますが、実は山間部までわざわざドライブをしなくても、市街地に近い平地のほうにも、大小の温泉街が点在しているのです。そうしたもののひとつが長良川温泉で、ちょうど鵜飼いで有名な長良川沿いに展開しており、なかには江戸時代から創業している温泉宿もあります。泉質は含鉄泉や単純鉄冷鉱泉に分類されており、冷え性や婦人病などによいとされていますので、ゆったりと浸かってリラックスできます。さらに、この長良川温泉の周辺には、観光の見どころも多いというの、ほかの温泉街にはないもポイントといえます。夏から秋にかけてのシーズンであれば、長良川の鵜飼いが間近で見られる観覧船が近くから出航していますので、この場所ならではの貴重な経験ができます。織田信長が居城とした岐阜城は、長良川を見下ろす金華山の山頂にあり、現在は復興天守が設けられ、ロープウェイで登ることができます。美濃国三宮として崇敬され、斎藤道三の稲葉山城築城にあたり現在地に遷座したという伊奈波神社も、この金華山の山ろくにあります。宇宙04

大矢田神社でやっておくこと!ドライブ情報

2016/01/07

大矢田神社は秋の紅葉で有名ですが、境内には国の天然記念物のヤマモミジの樹林があります。紅葉の見どころとしては桜門から本殿にかけてで、毎年11月の中旬頃には全国から多くの観光客が訪れます。11月23日に開催される「ひんここ祭り」は、五穀豊穣を祈願する祭りとして親しまれており、紋付袴の男衆が行列となり山車とともに練り歩きます。クライマックスには人形劇もあり、これ目当ての観客も多く訪れます。山の斜面に造られた舞台では、20キロもの人形が大蛇退治の演目を熱演します。屋台なども多く出店し、五平餅のお店などが人気となります。
大牟田神社の周辺には多くの観光スポットがあり、牧歌の里もその一つです。動物との触れ合いなど様々なイベントが開かれており、大人も子供も楽しめる場所です。レストランではビュッフェスタイルの食事を楽しむことが出来、花畑の中で格別な一時を過ごせます。ひるがの高原は高層湿原植物群で知られており、世界的に南限となるワタスゲの群生地でもあります。それ以外にも水芭蕉など100種類の植物を鑑賞することが出来ます。園内はゆったりとしており、散策する場所としても適しています。 白山中居神社の森は、境内に約140本の杉の大木が連なっており、中には樹齢1000年に及ぶものもあります。

宇宙03

下島温泉のドライブお出かけ情報

2016/01/07

岐阜県下呂市小坂町落合にある下島温泉の歴史は古く、約400年前から多くの人々に利用されています。昔から傷によく効く温泉として有名です。切り傷や火傷だけでなく、神経痛などに対する効能もあります。泉質は炭酸泉です。小坂川支流の濁河川に沿って温泉地が広がっており、素朴な風景がこの温泉の魅力の一つとなっています。この温泉は1983年に環境庁の告示によって、国民保養温泉地に指定されました。濁河川の上流約1キロメートルの地点には、高さ72メートル、幅120メートルの絶壁があります。この大岩壁は「巌立」と呼ばれ、岐阜県の天然記念物に指定されています。周辺地域は巌立峡と呼ばれていて、紅葉の名所として人気があり、飛騨・美濃紅葉三十三選にも選出されました。温泉からのハイキングコースにもなっており、森林浴を楽しむことができます。温泉周辺地域の渓谷は釣りのスポットになっていて、イワナやアマゴなどを釣ることができます。夏には下呂市を流れる門和佐川や菅田川でゲンジボタルの群れを見ることができます。門和佐川のゲンジボタルは、岐阜県の天然記念物に指定されており、7月上旬の20時から21時頃が最も綺麗なのでおすすめです。菅田川のゲンジボタルは、6月中旬頃の20時から22時頃が見頃です。宇宙02

ドライブ情報!苗木さくら公園と周遊マップ

2016/01/07

苗木さくら公園は、岐阜県中央自動車道中津川ICから車で15分ほどの場所にある公園です。
JR中央本線「中津川駅」から北恵那バスで「苗木」下車、徒歩20分ほどでも行くことができます。
その名の通り、この公園では毎年春になると、なんと約700本にもなるソメイヨシノが咲き乱れます。
全山がさくら色に染め上げられたかのような景観に、圧倒されること間違いないでしょう。
その眺めは、飛騨、美濃さくら33選に選ばれるのも納得です。
日没から22時までの時間帯には、ライトアップもされるので、光の中に浮かび上がる夜桜を堪能できる、絶好のお花見スポットです。
無料で敷物もレンタルできるので、手ぶらでも安心です。
市街地より、わずかに遅めの開花時期は4月上旬から中旬頃となっており、時を同じくしてさくら祭りも開催されます。
このお祭りでは、太鼓演奏をはじめ、サプライズで歌やダンスなどの催しがあり、さらに苗木の各種団体が行うバザーも開かれます。
ここでは地元有志の方々により、飲み物、食べ物も販売されてますので、桜を眺めながら優雅にお食事も楽しめます。
会社行事のお花見でもよし、ファミリーでのお出かけでもよし、苗木さくら公園で春を満喫しましょう。宇宙01

ドライブコースの通の選び方

2016/01/07

岐阜県は海外からの観光客から人気がある土地です。日本の歴史を感じさせるスポットから自然と触れ合える場所までバランスよくドライブコースに組み込めますから、国内でのドライブ旅行先にもぴったりです。
おすすめの場所は色々ありますが、普段都心に暮らしていて自然とのふれあいの機会が亡くなっている人に行ってほしいのが金華山ロープウェイです。岐阜各務原ICから下車したところにあります。土日や祝日には10分おきにやってくるので、待ち時間も短めです。金華山の風景や岐阜県の街の風景をのんびり眺めることができます。通常は夜間は運航はしていないのですが、夏限定で夜間も解放されていますから、上空から岐阜の夜景を見られますから、デートの演出にもおすすめです。
ロープウェイにそのまま乗っていくと、日本史や古城ファンの間でも知られている岐阜城につきますが、山頂駅にも楽しめる要素があります。山頂駅でおすすめなのは、リス村です。ここはその名前の通りにかわいいリスがたくさん生息しています。金華山でのびのび暮らしているリスは子供と触れ合っても大丈夫なように調教してあるので、安全に遊べます。リスと触れ合える機会はなかなかないですから一見の価値はあると思います。ふきのとう

ドライブに行く前に!きりら坂下についてのお役立ち情報

2016/01/07

道の駅「きりら坂下」は、岐阜県中津川市の坂下地区にある道の駅で、その名前は「木曽」、「リバー」、「ライトサイド」の頭文字に由来しています。この道の駅はじっさいに木曽川のほとりに位置しているため、開放感があり、駐車場も広々としています。国道19号と国道256号がまじわる弥栄橋交差点の近くですので、両方の道路からアクセスできるというところもポイントといえるでしょう。橋の上からよく見える緑色の三角屋根の洋風建築が目印となっているこの道の駅には、かつては地元名産の石挽き蕎麦を存分に味わえる食事処があったり、そば打ち体験や和菓子作りの体験ができるスペースを備えていました。ところが、経営していた第三セクターの赤字が累積してしまったため、2014年11月にこの第三セクターは解散、駅長も解雇され、好評であったそば打ち体験や食事処は閉鎖のやむなきに至りました。現在はお土産物の売店やトイレなどの最低限の機能は存続していますが、かつてのようなにぎわいはなくなってしまっていますので、利用する際には注意が必要です。軽い食事の場合には、隣接してスーパーマーケットがありますので、内部の惣菜コーナーやフードコートが利用できます。ひまわり

明宝のマメ知識!ドライブ情報

2016/01/07

岐阜を旅するなら、立ち寄り場所として道の駅はとても安心ができる観光の拠点です。道の駅の明宝は、明治からの製法を生かした特産のハムが全国的に有名になっていますし、スキー場や温泉などの観光スポットも魅力的です。道の駅では、特産物の豚肉のハム、フランクフルトなど、立ち寄り客がつい買いたくなるような魅力がある売り場が多く、全国の道の駅ランキングでもトップクラスの人気を得ています。この明宝でしか買えない土産物も好評で、併設する無料の休憩所では岩魚などを炭火焼きする囲炉裏が設けてあり、とても人気があります。キャンプ場も近いので、アウトドアで楽しむ家族連れにも安心できて楽しい場所です。また、道の駅では男性の利用客が少ない傾向がありますが、この明宝は男性にも人気で、近くの渓流で釣りを楽しむ人の立ち寄りもその理由となっています。近くには郡上八幡城や、ゴルフ場もあるので、泊りがけで楽しみたい時の場所探しには苦労がありません。釣りやゴルフ、キャンプやアウトドアレジャーと温泉など、複合的なレジャー旅行の立ち寄り場所としても便利な明宝は、周囲の観光スポットと並んで利用が多い観光拠点としても魅力的な場所となっています。アイランド05

賤母で恋人とドライブ旅の思い出づくり

2016/01/07

「道の駅賤母」は、中央自動車道の中津川インターチェンジを降りて、国道19号をかつての中山道の馬籠宿や妻籠宿方面に向かった先にある道の駅です。ちょうど美濃路と木曽路の中間にあたる場所で、「道の駅賤母」の建物の外観も、宿場町をイメージしたような和風のつくりになっています。青々とした木々が茂る山々のあいだを縫うようにして走る国道の途中で、ゆったりと休憩できるような場所はほかにあまりありませんので、道の駅の存在はたいへん貴重です。ここではさまざまな地元の名産品を扱っていて、工芸品では木曽ヒノキの雑器や手すきの和紙など、食べ物ではそば、馬肉、わさび、朴葉巻き、五平餅、からすみ、地ビールなどがあります。また、軽食コーナーやレストランもあり、小腹がすいたときに重宝しますが、ここでも五平餅定食などの賤母ならではのメニューが一番人気となっています。明治の文豪である島崎藤村の生家は馬籠宿にあり、明治維新前後の混乱する日本をテーマとした小説『夜明け前』にも登場し、いっぽうの妻籠宿は、島崎藤村の母方の実家があった場所です。道の駅をドライブの足がかりにして、昔懐かしい宿場の町並みを歩くのも、恋人との旅の思い出づくりには最高のシチュエーションといえるでしょう。アイランド04

桜の郷荘川とその地域の歴史に触れるドライブ旅

2016/01/07

道の駅「桜の郷荘川」は、国道158号沿い、東海北陸自動車道の荘川インターチェンジ至近の場所にあります。荘川地区は、冬期のきびしい降雪に耐えるために合掌造りとよばれる特殊な建築様式が発達した集落であり、合掌造りの茅葺屋根を葺き替えるための共同作業の「結」を通じて、村人たちの結束も高いという土地柄でした。ここでは昭和の高度成長期に水力発電のための巨大なロックフィルダムとして御母衣ダムの開発が構想され、住民のはげしい反対運動を経て電力側との合意が成立し、集落のいくつかがダムの湖底に沈むという歴史がありました。その際、ダムに沈むはずの光輪寺、照蓮寺の境内に咲く樹齢400年以上という巨大サクラを山腹に引き上げて移植するという難事業があわせて行われ、見事に成功して「荘川桜」として今に残っています。このエピソードを名前に冠した道の駅では、荘川地区名産の本格的な手打ち蕎麦が味わえるほか、温浴施設も併設されており、神経痛や筋肉痛に効くという自噴する高温の温泉が自慢となっています。この温浴施設では、タオルやシャンプーの利用などはすべて無料となっていますので、ドライブ途中で気軽に立ち寄って疲れをいやすことができます。アイランド03

岐阜県でドライブ旅の思い出を作る

2016/01/07

晴れた日の休日などは、つい車でどこかへ出かけたい衝動に駆られる方も多いと思います。
関東地方から近場で行ける場所といえば限られてきますが、少し車を走らせてドライブしようと考えているのなら岐阜県が丁度良いでしょう。
まずは岐阜県のせせらぎ街道を走ると良い景観を望むことが出来ます。
時期によっては美しい紅葉を楽しむことが出来ますので、是非とも行ってほしい街道です。
そのあとは、飛騨高山地方で小休止し、高山の古い町並みで飛騨牛握りや飛騨高山ラーメンを味わうと良いです。
ひるがの高原ルートを進むのもおすすめです。
牧歌の温泉牧華では、露天風呂を楽しむことが出来ますので、良い思い出作りになります。
特に高齢者の方には新緑の中、気持ちの良いお風呂を楽しめますので、ゆったりとした時間を過ごすことが可能となっています。
城下町の風情が漂う郡上八幡方面に車を走らせると、いたる所に水路がありますので、路地裏を散策するのにうってつけのポイントとなっています。
駅前で自転車を借りてサイクリングするのも良いかもしれません。
お土産品は飛騨牛製品か、赤かぶが良いでしょう。
岐阜県は赤かぶのお漬物が有名で、お土産品として持ち帰ると友人達も喜んでくれます。アイランド02

最近の投稿