‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

ダブルウィッシュボーン式の特徴

2015/09/10

自動車のサスペンションはボディとタイヤの間に付けるもので、路面からの衝撃を緩和させる装置となります。
サスペンションによって乗り心地を良くしたり、車高の調整や走行の性能を向上させることが可能になります。
サスペンションは車重によっても変えるもので、車種やグレードによっても取り付ける種類が違うものを使います。
サスペンションアームやショックアブソーバー、スプリングによって構成されているもので、様々な種類のものがあって、その中の1つとしてダブルウィッシュボーン式があります。
ダブルウィッシュボーンとはアームがV字のものとなっており、鳥の叉骨に似ていることが名前の由来となっています。
このサスペンションの方式は水平に付けられた2本のアームで、アップライトを狭めるように支える構造となります。
構造としてサスペンションの剛性を獲得することが簡単にできて、タイヤと路面間における摩擦力の変化を少なくできて点がメリットです。
設計の自由度としても高いものがあって、アライメントの微調整を行うことが可能なためにF1でも使用されているサスペンション方式となります。
デメリットとしては経費が高くなる点があって、高級なグレードの自動車やボディが大きなものに使用される傾向がある方式です。}PgžxQ

マルチリンク式の特徴

2015/09/10

マルチリンク式とは、サスペンションの一種です。ダブルウィッシュボーンから派生しています。ダブルウィッシュボーンは上下のサスペンションアーム2つで形成されていますが、マルチリンクはそれらを複数に分割し、独立させています。アームが独立したことで自由度が高くなり、セッティングはより繊細にすることが可能です。数本のアームで形成されるということは、それだけアライメントの変化に対応し、よりタイヤを路面に接地させることができるということです。高性能FF車は高速領域で安定を得ることが難しく、パワーの大きな後輪駆動車もトラクション確保が必須ですが、マルチリンクはそのための目的で、リアサスに用いられることが多く見られます。仮想転舵軸を持ち、それによって高速安定性を高められることになり、トー変化を抑制できます。またサスペンションストロークに対するアライメント変化のジオメトリー設定で、コーナリングの特性などが変化し、乗り易さも変わります。このジオメトリー変化を作り出すことに優位性があります。ただし部品の数が増え、重量も価格もダブルウィッシュボーンに比べて高くなるのがデメリットと言えばデメリットです。またブッシュの劣化が性能にダイレクトに影響を与えてしまいます。場所を取ってしまいますので、舵角の大きなフロントではアームが干渉してしまう可能性が高く、不向きです。

 

 

}PgžxQ

ストラット式の特徴

2015/09/10

サスペンションとは、車において欠かせないものです。
自動車の車体とタイヤの間に取り付けられるパーツになっていて、サスペンションアーム、スプリング、ショックアブソーバーで構成されているのですが、これが路面の凹凸などからの衝撃を吸収緩和して乗り心地を快適にするのです。
乗り心地だけでなく、車高の高さもサスペンションによって変わるので、自動車の性能に大きく関わるのです。
サスペンションと言ってもその種類はいくつかあって、それぞれメリットもデメリットも有ります。
自動車に採用されているサスペンションで代表的なものの1つにストラット式があります。
これは、自動車において最も使用されているサスペンション方式で考案したエンジニアの名前から付けられた方式です。
このサスペンション方式のメリットは、構造が非常にシンプルだという事です。
シンプルになっているのでコスト面で非常に有利であるという事や、シンプルであるが故にメーカーが独自に改良を行って進化をしてきたという事が有ります。
高級スポーツ車にも長年使用されている事からもその性能の高さは折り紙付きです。
これにより、他の方式よりも劣っていた性能を挽回しつつ、コスト面では安価なままなので人気が高いのです。023410

独立懸架式の特徴

2015/09/10

自動車が開発されてから、サスペンションに関しても大きく進化を遂げています。
サスペンションとは自動車のタイヤとボディをつないでいる部分で、路面からの受ける衝撃を和らげる役割をはたしているものとなります。
操縦安定性を高めることが可能となり、日本語で表すと懸架装置となります。
サスペンションは固定車軸式であるリジッドアクスルから採用されていったものですが、乗り心地や操縦安定性を高めるために、リジッドアクスルから独立懸架式に移行しています。
独立懸架方式のサスペンションは、インディペンデント・サスペンションとも呼ばれているもので、左右の車軸が独立して動く構造となっているために、路面の衝撃に対して追従性が高い特徴があります。
サスペンションごとに機構が設けられているので、細かい調整を行うことが可能なので現在では多くの自動車に採用されている方式となります。
インディペンデント・サスペンションをさらに細かく分類すると、ストラット式やダブルウィッシュボーン式、リーディング式などに分けることができます。
自動車の高速化にともなって、採用する会社が増えています。
小型トラックの場合には市街地を走行することも多いために、フロントのサスペンションとして採用していることもあります。019807

固定車軸方式の特徴

2015/09/10

サスペンションとは、自動車のボディとタイヤの間に取り付けられるもので、路面から衝撃を緩和させるための装置となります。
サスペンションが役割を果たすことによって、走行の性能を向上させることが可能になりますし、車高を決める上でも重要です。
一般的にサスペンションは、スプリング、ショックアブソーバー、サスペンションアームの3つのパーツによって構成されており、車によって様々な種類のものが採用されています。
固定車軸方式サスペンションは、リジットアクスルサルペンションとも呼ばれることがあります。
この方式のものは左右のタイヤと1本で連結されているもので、FF車やトラックなどに採用されることが多いです。
構造が単純でありながら耐久性が高いために、コストがかからない点が大きなメリットと言えます。
その一方で、両方のタイヤとたった1本の軸だけで連結されているものとなりますので、どちらか片方のタイヤが受けた衝撃が反対側のタイヤにも大きく影響することが考えられ、路面の追従性や乗り心地の面において悪いという点が大きなデメリットとなります。
この方式のものは、さらに細かく分類するとリンク式やトーションビーム、コイルリジット式、リーフリジット式などに分類することができます。006241

方式別メリット・デメリット

2015/09/10

走行中の路面からの衝撃や抵抗を受け止めるのはという機能は同じでも、タイプによって性能や特性はさまざまです。
サスペンションはボディとタイヤの間にあり、大きく分けると固定式と独立式で、それぞれメリット・デメリットがあります。
リッジッドアクスル(固定式)は、左右の車輪が1本の車軸で繋がった構造により接地性が損なわれやすい反面、強度に優れ低コストです。
インディペンデント・サス(独立式=独立懸架式とも称する)は、独立して左右の車輪を動かすことが可能で、固定式のデメリットの接地性の問題をクリアしています。とくに後輪駆動車では、効率よく左右の車輪にパワーを伝えられるため追従性に優れていて凸凹の路面や坂道ではその性能がよくわかります。
この独立式はさらにタイプ別で、ストラット式、ダブルウィッシュボーン式、マルチリンク式があります。
ストラット式は、スプリングとダンパー下部にロアアームという構成は一番シンプル。それゆえ部品点数が少なくエンジンルームを大きく取れるなどのメリットがある。
ダブルウィッシュボーン式は、ロアアームの上部にアッパーアームを取り付けた構造になっている。加減速時の負荷に対する車両の姿勢を制御できたり、ストラット式では叶わなかった乗り心地の良さを実現しています。ただし部品点数が多く、重い。
マルチリンク式は、ダブルウィッシュボーンの進化系でアームがさらに3~5本になり、より細やかなセッティングができるようになっています。これにより独立式の特性である接地性、安定性、乗り心地をさらに向上しています。
独立式のタイプ別はデメリットの改善というよりも、さらなるメリットの追求になっています。

 

000829

路面の衝撃を緩和し乗り心地を向上

2015/09/10

自動車の車輪はサスペンション(懸架装置)を通して車体とつながっています。このサスペンションにはいくつかの種類がありますが、その目的は同じで主に二つあります。一つは車輪と車軸の位置を決める役割であり、もう一つは路面からの衝撃を吸収し、乗り心地や操縦安定性を高める役割です。サスペンションを構成しているのは、スプリングとショックアブソーバ、そしてこれらを支えるアームです。

スプリングとショックアブソーバはセットになっていて、路面の衝撃を吸収したり、カーブを曲がる際に左右に発生する遠心力を抑えたりするわけですが、それぞれに違った役割があります。スプリングは路面からの衝撃を和らげる働きがあるのは想像できることでしょう。しかし、スプリングは伸びたり縮んだりをしばらく繰り返すことになります。そうなると車体は上下の振動が起こり、乗り心地は最悪です。そこでこの上下振動を抑えるためにショックアブソーバーが取りつけられています。ショックアブソーバーはスプリングが吸収したエネルギーをゆっくり解放し振動を抑えます。サスペンションのセッティングはクルマによって大きく異なりますが、一般にスポーツカーは固めのセッティングを行い運動性能を高め、普通車は柔らかめのセッティングを行って乗り心地を優先させています。gf1120110828l

基本的な構成

2015/09/10

サスペンションとは車のボディとタイヤの間に付けらているもので、路面から受ける衝撃やゆれをコイルスプリングによって緩和させる装置となります。
サスペンションを交換することによって走行中の乗り心地を良くすることや、車高の調整や自分好みの足回りにすることが可能です。
サスペンションはコイルスプリングとサスペンションアーム、ショックアブソーバーと呼ばれるダンパーによって構成されています。
コイルスプリングによって吸収を行った衝撃を、ダンパーによって解放をすることで振動を抑制させます。
複数の機能を組み合わせることによって、ボディの重量を受け止めることが可能となり、ホイールの上下運動における振動を緩和させることができます。
乗員や積載物を保護することに加えて、不規則に発生する振動の吸収をして、走行の安定性を向上させる役割があります。
ボディとホイールを連結しているリンクの機構は、加速や減速のとき、またはコーナーリングのときにあらゆる方向から力が加えられますので、適切な剛性と郷土を保つことによってホイールを車体にとって良いポジションに保つことが必要です。
サスペンションとはリンク機構と、衝撃の緩和を行なう装置の総称となります。gf1120082666l

主な役割とは

2015/09/10

車にとってかなり重要なパーツが数々存在します。車にはエンジンがついていて、エンジンによって馬力が変わり、これが速さなどの違いがでてきます。ハンドルというものもあり、これはコーナリングに大きな重要性があります。そして、止まるためにはブレーキも必要になってきます。そして車の走る、曲がる、止まるという3つの行動に対して重要な役割を果たしているのがサスペンションという部品です。このパーツは、路面からの衝撃を和らげることができます。路面から来る衝撃をコイルスプリングの力で緩和することが可能です。性能面以外にも、乗り心地や、車高の高さを調節することもできます。なので、もし乗り心地が悪いと感じた場合はあまり積極的に変えることをおすすめしません。車高が低くすぎると乗り心地も多少違和感が出てきます。それと低すぎると車の寿命も縮めてしまう恐れもあります。スピード、コーナリング、そしてブレーキに影響がでるといいましたが、その中でも一番影響があるのはコーナリングです。コイルスプリングの硬さをあげると、車が踏ん張らない分コーナリングがよくなります。なので、加速時もスムーズにコーナリングすることができます。飛び出し時の緊急回避もしやすくなります。gf0110094133l

車の重要な装置「サスペンション」の機能と役割

2015/09/10

自動車において、サスペンションとは懸架装置とも呼ばれるタイヤと車体を繋いでいる機構のことです。地面からくる衝撃を和らげ地面の凹凸を感じさせない緩衝材の役割と、タイヤや軸の位置を定めタイヤを路面に押さえつけることにより乗り心地や運転性を向上させる役割があります。
様々な方式のものが存在しますが、一般的にはコイルスプリングとダンパーまたはショックアブソーバーによって構成されており、コイルスプリングで衝撃を吸収し、ダンパーで振動を減衰することで地面から受ける衝撃を和らげます。同一方式のものであっても寸法や部品の硬さは一様ではありません。
どのようなものを選ぶかによって走行性が変わります。例えば、コイルスプリングの交換によって車高が変更でき、重心が低いほど安定した走りができるようになります。軸がぶれにくくなるので、曲がりやすさやとっさの回避のしやすさなどの安全性も向上します。重心が高くとも硬いスプリングであれば足回りを引き締めることができ、ふらつかないので同じように安定性が増します。逆に硬すぎないスプリングの場合は衝撃吸収に優れていて、地面の凹凸を感じないスマートな乗り心地になります。
しばらく走行するとダンパー内のオイルが劣化して徐々にへたってきますが、ダンパーを交換すれば再び好みの走行性や乗り心地を取り戻すことができます。gf0110053994l

最近の投稿